fc2ブログ

コーダノート

今日を大事に。やりながら考える。いっぺんにやらない。いっこずつやる。

久々に 武将風雲録 やってみた

なんか最近、仕事とかがアホほど忙しくなってきており、
頭の中がこんがらがってエライコッチャになっていたので、
「あー、なんか頭使わないでできるゲームやりてーなー」と思い、
『信長の野望 武将風雲録』をおもむろにやりだしたのでありました。


コーエー定番シリ-ズ 信長の野望 武将風雲録コーエー定番シリ-ズ 信長の野望 武将風雲録
(2001/06/08)
Windows

商品詳細を見る



あー、懐かしいのう。この感じ。
ちょうど自分が小学生のころ、スーファミで出たのが、
この「武将風雲録」でして、それこそ猿のようにやりまくりました。
アラサーなご同輩の多くは、この作品が信長の野望への入り口になったのではないでしょうか?

このゲームのおかげで、社会科の成績が大幅アップ……とはいかないものの、
(中高の日本史では、戦国時代の扱い異様に小さいっすよね。ひどいわぁ)
戦国時代を舞台にした漫画や小説などへの橋渡し、
そして、歴史への興味を喚起したという点で、
きわめて偉大な作品だったんじゃないかなぁと思うのです。
なんといっても、スーファミ黄金時代の作品ですから、
プレイした人の数もすごく多かったんじゃないかなと思うのです。

ちなみに、今までクリアしたのは、
立地と鉄砲と人材がチートな島津家と、やっぱ主人公! てなわけで織田家。
そして、ゲリラ戦気分が味わえるシナリオ2の鈴木家。
この三つなのですが、今回は……徳川家にしました。
なんか、特殊な大名家でクリアすると特別なエンディングが出ると聞いたので、
それに当てはまるのは織田家・足利家・徳川家……かなぁと。
足利さんは……義輝さまは好きですが、
室町幕府自体があんま好きじゃないので、今回はパス。
いや、いつかやるかもしれませんけど。

* * *

で、このゲームなんですが。
なんか……釣りに似てる感じがするんですよね。
ネット上での釣りじゃなくて、魚釣りね。

このゲームって、基本的に「相場ゲー」なんですよ。
とにかく序盤は金がない。
内政すると、すぐに尽きる。

で、それを防ぐためにはどうしたらいいかというと、相場。
ひたすら米相場を睨み、売ったり買ったり、買ったり売ったり。
そうやって地味にやりくりして作ったお金で、内政。

これを数年繰り返す。

CPU大名の動きが極端に鈍いので、戦争はほとんど起きない。
その代わり、内部留保が半端じゃない。

だから、勝つためには、自分も豊かにならないといけない。

そのためには、米相場とにらめっこ。

この感じが、すごく釣りっぽいんですよ。

地味~に金欠をしのぎつつ、米相場の微妙な変動を見ながらやりくり。
そして、米の高騰・暴落が来たら「ヒャッハー!」と叫び、ウリ! カイ!

そして、再び内政資金に回して、じーっと待つ。

そんなゲームです。

……どうして、小学生のころは、こんなゲームに夢中になれたんだろう。

いや、つまんなくはないです。ていうか、今でも割と楽しいです。

戦闘もシンプルなので、頭使わないで、頭空っぽにしてできます。

こういうの、嫌いじゃないです。

というか、頭使わないゲームがやりたかったので、これでいいのです。

* * *

と、言いつつ、改めてやってみると、自分が小学生の頃よりも「上達」していることに気づきました。

何が上達しているかというと「相場」と「行動力」の使い方。

ガキの頃はバカなので、相場や最安値と最高値ばかり狙ってしまい、
金欠になって行動力が無駄になる……なんてことも多々あったのですが、
今になってやってみると、別に取引に手数料がいるわけでなし、
むしろ、取引を多くするほど商人との友好度があがるので、
そこそこの値動きでも取引して、細かく稼ぐ。
この積み重ねが、金欠を減らす。
そして、内政も有能なヤツを大名にすることで、
何回も命令可能にして、投資効率と上げ、行動力の余剰を防ぐ。

そんなこんなで、金蔵がカラになることも、
行動力を無駄に余らせることもなく、うまいことやっとります。
まぁ、大名も家臣も有能な徳川家だからできる、というのもあるかもですが。

* * *

と、そんな感じでやりくりしつつ、当面の目標は内政のカンスト。
先にも書きましたが、このゲームは敵が攻めて来ないので、
内政カンストさせて投資分を回収し、そのカネを軍備に回してからが本番です。
なので、ゲーム開始してから5年10年は内政とかザラです。
そうしなくても勝てますけど、家計がいつも火の車になります。
(逆に言うと、この戦略に適応しすぎると他のノブヤボで詰みますが)

なので、今はひたすら内政しつつ、
「あー、早く信玄死なねーかなー。氏康と謙信も死なねーかなー」
と、物騒なことを考えて暮らしております。

* * *

あ、そういえば、もう数年前ではありますが、
武将風雲録はDSにも移植されてたんですね。


信長の野望DS 2信長の野望DS 2
(2008/07/31)
Nintendo DS

商品詳細を見る



数あるシリーズの中から選ばれてDSに移植されたってことは、
やっぱり名作なんでしょうね。たぶん。

少なくとも、小学生の頃の僕はひたすら夢中になってプレイし、
それが高じて、戦国オタな大人になってしまったわけですから……。

僕と同じく、このゲームで人生変えられた人、けっこういるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム