fc2ブログ

コーダノート

今日を大事に。やりながら考える。いっぺんにやらない。いっこずつやる。

幸田の最近関わった作品とか

>>幸田高吉ホームページへはこちらから

幸田高吉が制作やシナリオに関わった作品のご紹介です。
三極姫 ~三国乱世・覇天の采配~ (豪華限定版)三極姫 ~三国乱世・覇天の采配~ (豪華限定版)
(2011/12/22)
Sony PSP

商品詳細を見る


三極姫 ~三国乱世・覇天の采配~ (通常版)三極姫 ~三国乱世・覇天の采配~ (通常版)
(2011/12/22)
Sony PSP

商品詳細を見る


システムソフト・アルファー様より2011年12月22日発売のPSPソフト、
『三極姫~三国乱世・覇天の采配~』にてシナリオを書かせていただきました。
PC版に引き続いてやらせていただいたのですが、
今回は担当キャラも大幅増でがんばりました。
内容的にも、今までで一番いいものができたんじゃないかと自負しております。

* * * * *


unicorn-a(げーせん18)様から2010年12月18日に発売された
「三極姫 ~乱世、天下三分の計~」にて
「呂布」「典韋・許チョ」のシナリオを担当させていただきました。

呂布はもともと人気のある人物であるうえに、
本作でも発売前から大きく扱われていたので、正直かなーり大変でした。
あと、性格的にも一般的に流布している「呂布」のイメージとはかなり違うので、
彼女の生き方や考え方に説得力をどうやってもたせるか。
どうやって主人公との心の交流を築いていくか、その点に苦心しました。
そのあたりがうまく表現できていれば、嬉しいのですが……。

あと、典韋と許チョの親衛隊コンビは、書いていて本当に楽しかったです。
三国志をご存知の方は、史実の典韋がどうなるか知っておられることと思いますが、
本作のこのシナリオにおいては、典韋の凛々しさや恋心を縦軸に、
許チョの天真爛漫さと成長過程を横軸にして、
二人と主人公との物語を、ただの悲劇に終わらせずに紡げたかな……と思っています。
ユーザーの皆様に楽しんでいただけていれば、幸いです。

* * * * *

戦極姫2・嵐~百華、戦乱辰風の如く~(限定版)
ヴューズ (2010-12-02)
売り上げランキング: 439

戦極姫2・嵐~百華、戦乱辰風の如く~(通常版)

戦極姫2・炎~百華、戦乱辰風の如く~(限定版)
ヴューズ (2010-12-02)
売り上げランキング: 957

戦極姫2・炎~百華、戦乱辰風の如く~(通常版)

システムソフトアルファー様から2010年12月02日に発売された
PS2専用ソフト『戦極姫2・炎~百華、戦乱辰風の如く~』 と、
PSP専用ソフト『戦極姫2・嵐~百華、戦乱辰風の如く~』で、
島津家(メインシナリオ)と北条家(サブシナリオ)を書かせていただきました。
島津は四姉妹! 北条は親子! ちょっと背徳的な響きですね。
でもコンシューマ版だからえっちぃのはないのです。
でもその代わり、全力で戦国時代×美少女の燃え&萌えなシナリオを書きました!

あと、発売後の反響ですが、けっこう好評価をいただけているようで、嬉しいです。
限定版は在庫僅少となりつつありますので、お求めはお早めに!

* * * * *


フリーになって最初に関わらせていただいた作品です。
ヘルプで入ったのに、設定・世界観・プロット・キャラ設定などいろいろやらせてもらいました。
まだ経験が浅かったため、とても執筆に苦労しましたが、
自身の出発点ということもあり、思い出深い作品です。

* * * * *

multiple
multiple
posted with amazlet at 10.11.14
Rita
ティームエンタテインメント (2007-05-30)
売り上げランキング: 62226

5曲目に収録されている「オトナっぽいの!?」という曲のディレクションと作詞をしました。
韻を踏んだリズミカルな歌詞は自信作で、
収録曲人気投票では一位になったんですよ。
でも、韻を踏むがゆえに似た単語が多くて歌詞を覚えるのが大変なため、
それゆえライブではめったに歌われることのない幻の曲となってしまいました。
教訓:歌詞はライブのことも考えて書きましょう。

* * * * *

ランスザ・コンプリート

メディアワークス
売り上げランキング: 259188

会社員時代の自分にとって、もっとも思い出深い書籍です。
ランス6攻略編」と「クロニクル」の分冊になっているのですが、
そのうち「クロニクル」のほぼ全記事を担当しました。
ランスシリーズ16年(当時)の歴史をすべて刻み込んだ渾身の一冊です。
いま振り返っても、いい出来だと思います。頑張った。超頑張った!
今ではプレミアムがついてAmazonだとすごい値段になってしまっているのが、
なんとも悔やまれるところです。新装版とかの形で重版かからないかなぁ。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:日記