コーダノート

今日を大事に。やりながら考える。いっぺんにやらない。いっこずつやる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】初詣について多くの人が知らないとても大切な1つのこと。

みなさま、あけましておめでとうございます。
私個人といたしましては、去年はあれよあれよという間に終わってしまい、
気づいてみれば「なんだったんだこれは……」と呆然とする一年でした。
あまり多くを得ることのできない、右肩下がりぎみの現状維持とでも申しましょうか。
でも、今年はいい年にしたいですね。右肩上がりで挽回したいです。

さて、本題へ。



初詣ともうしますと、
神社では二礼二拍手一礼、お寺では合掌をしてお祈りをするわけです。
が、この際、セットになって投入されるのがお賽銭、そして、今年の願い事。

が、ここが要注意なのであります。

もしも自分が神様仏様だとして、
小銭(大金だとしても)を投げつけられて欲深なお願いを次々言われたら、
それ、パシリにされているのと同じですよね?

一年のめでたい日に神様をパシリ扱いする人々の行列。

こ、これはなんとも罰当たりな……。



なので、お願いごとをするのは、なるべくやめたほうがいいです。



じゃあ、どうするのか。



答えは「感謝と決意」



たとえば、受験生の場合、
「○○大学に合格させてくださいお願いします」
ではなくて
「今日まで健康に受験勉強をさせていただいてありがとうございました。
 これからも受験当日までがんばります」

というのが、神様への礼を失せぬ「感謝と決意」の奉納であるかと。

「特に感謝することがねぇゴミみたいな一年だった!」という人も
生きているという最大の恩寵を感謝しておきましょうよ。



というわけで、初詣では「祈願」ではなく「感謝と決意」を。



今回も、読みに来てくださってありがとうございます。
もしよろしければ、下の三ヶ所のクリックをお願いいたします。
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
日記・ブログランキング
関連記事

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。