コーダノート

今日を大事に。やりながら考える。いっぺんにやらない。いっこずつやる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

140字脳の恐怖

思うところありまして、ブログの更新頻度をあげたいなあと思いました。

が、書けない。

書いては消し、書いては消しで、なかなか形にならない。

なぜだ。
ネタはけっこう出てくるんです。
おもしろいかどうかとか、受けるかどうかとかはわかりませんが、
「思いつく力」じたいは、衰えていない気がするのです。

しかし、それをまとまった長さの文章に組み上げることができない。

なぜだ。

原因は、なんとなく目星がついております。

Twitterです。

Twitterならいくらでも書けるのに、ブログはなかなか書けない。

Twitterとブログの違いは何か?

文字数です。

Twitterは、140字の枠内で言いたいことをまとめあげるのが基本です。

「140字」というフォーマットに過剰適応してしまった結果、
まとまった長さの文章を書く力が衰えてしまったのかもしれません。

膨らませる能力が衰えて、圧縮するばかり鍛えてしまった。

使わない能力は、衰えるものです。

短距離走に特化したランナーに長距離走やらせてもたぶん勝てないであろうのと同じように、
140字に特化してしまった人間が急に長い文章を書こうとしても書けなくなっている、というのは、大いにありえます。

どうやら「鍛える能力」の比重を変えて「長文用能力」とでも言うものを
トレーニング、リハビリしないといけないのではなかろうかといまさらながら危機感を抱き始めた次第です。
うう、こういう能力ってトレーニングで回復するかなぁ……やってみないとわかんないですね。
何度かテストをしてみた結果、500文字くらいまでならすぐに書けることがわかったのですが、
そこから1000字以上までに膨らませるのがなかなか苦戦してますね、現状。

みなさんも気をつけてください、Twitterだけをやり続けていると長文執筆能力が低下する……かもしれません。
関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。