コーダノート

今日を大事に。やりながら考える。いっぺんにやらない。いっこずつやる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

160724(日) 音楽ブーム再燃 「デレラジ☆」あじゅじゅ&まりえってぃ回 新しいランニングシューズ 選挙演説 猫神社 ボタンつけ

2016年7月24日、だいたい晴。

睡眠リズムが整わず朝4時ころからうろうろ。
岡林信康やタワー・オブ・パワーやデュラン・デュランなどを聞きながら作業。
チョイスがめちゃくちゃだが、先月ザ・フーの映画を2本見ていらい音楽熱が再び高まっているのだ。
なので、長い間聞いていなかったアーティストなどの音源を発掘しては聞いている。楽しいよ。




観た映画のうち1本がこれ。ザ・フーファンなら必見。燃えるし泣ける。
作業のあとはフィットネスクラブへ。
先月末に「運動せねば」と思って調べたタイミングで近所にできたリーズナブルなクラブ。
有酸素運動マシンに乗りながらアイマス系ラジオを聞くのが実にいい。
私にとって、家でじっとしながらラジオを聞くというのは
時間を無駄にしているような気になってしまいなかなかに苦痛なのだが、
運動しながら聞くことにすると「運動とラジオ視聴が一度にできて一石二鳥!」とやる気が上がり、
ジム通いがじつにはかどっている。
おかげさまで、なかなかいい頻度で通えている。

ちなみに、今日は先週の「デレラジ☆」をタイムシフトで聞いた。
三宅麻理恵さんと大橋彩香さん&和氣あず未さんの間のジェネレーションギャップが大変に面白かった。
「料理の鉄人って誰ですか?」「料理人だよォ!!!!」
「まいんちゃんなら知ってます」「『ひとりでできるもん』じゃないんだ……」
ほかにも、持ってたゲームボーイの形とか、おかあさんといっしょはどのキャラだったかなどなど。
三宅さん側の世代に属する私としては「わかるわ」な気持ちであった。



午後。図書館で本とロックのCDを借り、その後ツタヤでCD10枚まとめ借り。
先にも書いたが、音楽熱が高まっているので新しい音楽がどんどん聞きたい。
でも、聞く時間にもお金にも限りはあるので、
ある程度の縛りをもうけてじっくり聞くようにしていきたいところ。



ジムと図書館とツタヤはそれぞれ離れた場所にあるため、
街をほぼ一周歩いたことになり、さすがに疲れたのでスタバで休憩。スタバはwifiが無料で使えるのがいい。
コーヒーも自分にはけっこう好みだ。というかブレンド以外飲まないのだけど。
コーヒーを飲むと頭が急速に動き出すが、そうすると今度は止まれなくなるので注意が必要だ。
慣性の法則のように、止まるとずっと止まる、動くとずっと動く。これはいけない。



ふと、フィットネスクラブで使っている靴がボロボロになってきたことを思い出した。
有酸素運動(早歩き)をメインでやっている以上、足腰膝のためにも靴はそれなりのものが欲しい。
で、最寄りの靴屋に行ってみたら、ランニングシューズは1万円とかのがいっぱいでちょっと手が出ない。
思い切って店員さんに
「室内で運動するんですけどおすすめのあります?」
と言ったら、アディダスの6000円台のを出してくれた。
いいのあるじゃん! ちょうどセール中だったこともありよい買い物ができた。



店を出ると、駅前でとある議員選挙立候補者がやたら熱い演説をしていたので数十分聞き入ってしまった。
表現規制反対派らしいが無所属で勝ち目は薄いとのこと。しかし票を投じることこそが意思表示であるとのこと。
意思表示をせねば「じゃあ、私におまかせでいいのね」と権力者は解釈し、
どんどん意思表示の機会は狭められていくとのこと。
他にも政策をいろいろ聞く。なるほど、おもしろい。この人に入れよう。



帰り道は寄り道して地元の神社を参拝。
ここは猫がたくさんいるので楽しいのだ。人懐こいのも何匹かいるし。
この間なんか賽銭箱に猫が三匹も乗って寝ておった。フリーダムじゃのう。



その後食料買い出し、帰宅。洗濯。シャツのボタン付け。
しまむらさんで買ったシャツのボタンやボタン穴がどんどんほつれてきていてひどいことになっている。
品質管理に定評があるんじゃないのかしまむらさん。
こんなことならもう買わないぞしまむらさん。



家事を終え、仕事の打ち合わせの電話を1時間ほど。
打ち合わせの内容、なかなか現状は厳しいけれど、どう動くかというヒントは得られた。
あとはそれを実行できるかどうかだなあ。
自分の健康問題はようやく上向き始めたばかりで先はまだ長いし、
あせっていっぺんにあれこれやろうとすると確実にまだ逆戻りだ。



一度に一個ずつ。今日やるだけを考えて、今日やる。

やけっぱちになったり逃げたりせず、たいしたことないように思えるつまらない、平凡な一歩を積み重ねる。

そうすれば、数カ月後、数年後には、それなりに大きなものができていると信じて……。



日記再開初日にふさわしいポジティブな〆である。



あ、そうそう。

日記を書きながら、リトル・フィートの「ウェイティング・フォー・コロンブス」を聞いているのだが、これがまぁ、実にかっこいい。



いまの日本で流行るような音楽ではないが、
土っぽさと技術・表現力の洗練さ具合が両立していて、絶妙なバランスになっている。
リトル・フィートについては名盤と言われている「ディキシー・チキン」は聞いていたのだが、ピンとこないままだった。
しかし、とあるロック系サイトでこのアルバムが紹介されているのを見て聞いてみたら……いいじゃん! かっこいい!
ライブ盤で印象がガラッと変わるアーティストってたまにいて、
自分にとってその最大のものはザ・フーの「ライブ・アット・リーズ」だった。



ビートルズのフォロワーでもなく、ロックオペラやシンセサイザーのインテリでもなく、
野獣のようなハードロック、マキシマムR&Bがここにある。
キース・ムーンの「歌うドラム」にはほんとたまげたものだった。はじめて聞いたの、17歳だったかなあ。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。