コーダノート

今日を大事に。やりながら考える。いっぺんにやらない。いっこずつやる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

160810(水) 100%正しいかわからない助言をしなければいけないとき 整理整頓と生産性

前の記事、睡眠のことばかり書いていて、日記を書いていなかった。
なので、8月10日にしたこと・思ったことをあらためてこちらに書く。

あ、渋谷凛さん五十嵐響子さん高坂海美さんお誕生日おめでとうございます。
今日はアイドルの特異日か何かですかってくらい生誕なさってますね。
野獣の日? なんのことですかね……(すっとぼけ
8時就寝、12時起床。

相変わらず睡眠時間がおかしいが、熟睡はできたので体調はわりとよい。
今月の睡眠不調期間に滞っていた諸連絡をすませて、取引先のもとへ。

取引先ではいろいろ「ああしたらどうですか、こうしたらどうですか」と言ってみるものの、
言ってる自分としても「それが100%成功します!」とは言い切れるわけではないので、
「本当に大丈夫なんだろうか」とモヤモヤ、不安がつきまとう。
もちろん「こっちの方がいいと思います」と、よいと思うことを勧めているわけだが、
実際やってみたらさっぱり効果がなかったとか、それどころかマイナスの結果が出たとかも、十分ありうる。

そもそも、自信満々だろうが半信半疑だろうが、
うまくいく確率とうまくいかない確率はそれぞれに存在するわけで、
計画段階で考えすぎると何もできなくなる。
「やってみなくちゃわからない」のは万事そうなのだから、
やりながら修正できるようにプランを立てるのが大事ということか。
失敗して、そのあとどう修正するかも織り込んだ上での計画と実行。
PDCA(計画・実行・検証・改善)回せっていうのはそういうことなのかな。

あと、これは関係あるかどうか微妙な話だが、
渡邉美樹さんが「事業計画は起業前に100万回練り直せ」みたいなことをおっしゃってて、
それは大事だなって思った。
失敗する確率を最も減らせる時期は「はじめる前」の準備段階なのだから、
ここの段階では熟考に熟考を重ねることも大事かなと思う。
はじめちゃったら、動きながら軌道修正し続けるしかなくなるんだから、
考える時間があるうちにしっかりやっとけっていうのは、わかる。
いまやブラックの帝王みたいに言われている方だけど、勉強になるところは、ある。
というか、勉強にならない人なんてあまりいない。受け取る側のあたまとこころしだいなのだ。



仕事のあとは各種買い物巡りをして帰宅。
数日(十数日ぶり?)に体調がいい日なので、たまっている雑事を片付ける。
書類の整理とか、期限がある諸手続きとか。

あと、前々からやりたかった粗大ごみの片付けにも着手。
もう使っていないのにずっとスペースを占領していた
アナログレコーダーとかミニコンポとかから配線を引っこ抜き、
重たいのを持ち上げて、いったんベランダに積み上げる。
そして、空いたスペースに塔となって床に積み上がっている本を収納する。
おかげで30平方センチ×2ほど床が見えるようになり、
地震の際には確実に凶器になるであろう本の山も少し片付けることができた。
作業机の上にはノートや手帳を複数広げられるようになった。

ほんと「整理整頓」とか「秩序」とか、生産性に直結するね!
で、そのためには「ものを減らす」というのがかなり大事なわけで。

とはいえ、3つ粗大ごみを片付けただけでももうへとへとなので、
今回の大掃除はいったんここまで。
なぜなら、「モノ」の片付けがほぼおわったので、
次はいよいよ「本」との戦いになるからだ。

本はなぁ……時間かかりそうだなあ……。
マインドから改めるために、断捨離本とか片付け本とかをまず読もうかしら。
(とかいいつつ、もうすでに買ってある。そして読まずに積んである)
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。